藤井寺駅北へ徒歩1分 

                                               072−952−5181 

 中本内科クリニックのホームページへようこそ

               内科、糖尿病内科、循環器内科、リハビリテーション科

本文へジャンプ
 


糖尿病について

 糖尿病とは


食べ物から消化、吸収されたブドウ糖が、筋肉などにうまく取り込まれない「代謝障害」です。
余ったブドウ糖は血液の中に大量にあふれて血糖値が上がり、尿から流れ出すようになります。これが「糖尿病」の名前の由来です。

ブドウ糖を体内に取り込むには、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要です。ところが、糖尿病の患者さんは、インスリンが足りないか、インスリンの効果が出にくい状態にあります。


 糖尿病の症状


日本人の9割以上を占めるといわれる2型糖尿病では、無症状で始まる場合が多いです。
しかし、血糖値が非常に高い状態が続くと、のどがひどく渇く、尿が増える、目がかすむ、疲れやすくなる、足がつる、などの症状が出てきます。思い当たることがないのに体重が減って糖尿病に気がつくこともあります。


 糖尿病の合併症


高血糖が長く続くと、全身の毛細血管が詰まったり、動脈硬化が進んだりして、合併症を引き起こします。

1)網膜症
眼の網膜に障害が起き、進行すれば失明します。

2)腎症
尿たんぱくが出るようになり、腎障害、腎不全と症状が進みます。
日本で新しく人工透析を始める人の約半数は糖尿病腎症が原因です。

3)神経障害
足先のしびれや冷えから始まり、ひどくなると歩行困難になります。
足の神経がまひして傷などに気づかず壊疽(えそ・体の一部が死んでしまうこと)になり、足を切断せざるを得ないこともあります。

4)動脈硬化
高血糖が続くと動脈硬化が進み、脳こうそくや心筋梗塞などの原因になります。
高血圧や高脂血症があると、さらに動脈硬化が進行します。

5)歯周病
歯周組織の血管がもろくなり、歯周病が進行、歯を失う原因となります。
もに心臓や血管の内科的な治療をします。


 糖尿病の治療


合併症に苦しまないためにも、なるべく正常に近い血糖値を保つことが大事です。

糖尿病の治療には1)食事療法、2)運動療法、3)薬物療法があります。
食事、運動でコントロールするのが一番ですが、それでも高血糖が続く場合は、お薬が必要になってきます。

血糖値を下げる薬、糖の吸収をゆっくりにする薬、インスリンの働きをよくする薬などがあります。さらに症状が進めば、インスリンの注射をします。

さまざまな療法を用いて、合併症の予防に努めることが大切です。


   Copyright(C)2011 NAKAMOTO CLINIC All rights reserved
〒583-0024 大阪府藤井寺市岡2−6−8
中本クリニック TEL:072-952-5181